配色技法

デザインにおける色彩の効果は極めて大きいものがある。人聞がものから受ける心理的に影響が強いものの中で、色はトップと言っ

ても過言ではない。それだけ効果が大きいものだけに、使い方を間違えると、ねらっている効果が出ないばかりか、悪いイメージを与

えかねないことにもなる。

これまで、色のマンセルやオス卜ワルトといったシステムがあったが、それらは色の表色に関するシステムで、決して配色とイメー

ジを結び付けるものではなかった。色もまたメッセージであることから、チラシの持つメッセージをどのように色に置き換えるかが、必要になつてくる。

これまででのシステムでは補えない配色に対して、イメージチャー卜が考案された。このイメージチャートは、色の持つ物理的な性質、質量、エネルギー、時間をそれぞれ軸として作られている。イメージの性質をこの表に合わせることによって、ふさわしい配色を求めることができるようになっている。 カラーイメージチャー卜には、あるイメージをイ下るためのカラーバレットが選定されている。そこにある色を選んで配色することによって、伝えたいメッセージを表現することができる。 自己色は個人の色彩感覚に任せるものではなく、メッセージにふさわしい的確な配色を行うことが求められている。したがって、配色における特別な能力を持たなくても、誰でも的確なカラーメッセージを作ることができるようになったのである。配色の工程は、企画で打ち出されたコンセ

プ卜を元に、伝えたいメッセージをできるだけシンプルにするところから始める。表現したいイメージをイメージ言語(視覚言語)にし、該当するイメージ言語を選択する。そこにあるカラーパレッ卜から色を選び、コントラストなどを考慮しながら配色を行う。印刷はCMYKの値になっている。