罫線の利用

線は平面を構成するデザインエレメン卜として、点や面(形)と共に重要な役割を果たしている。線が持っている機能を最大限に利用することが大切だが、まとまりがつかない時には、ケイ線を使う。ケイ線は、ものとものを分ける際の分割線にもなり、境界を明確にする。 また、アンダーラインのようにその部分のコピーを強調する際にも役立つ。全体に緩慢な感じがするレイアウトのとき、罫線を用いて、画面にメリハリをつける。メッセージを内容別にグループ化し、重要度に従い配置する。。罫線でクループの境界をはっきりさせる。また、特に注意を引かせたい部分は、罫線で囲み、周囲から独立させるといい。罫線で囲まれた部分には、目が行きやすい。

函を複数に分割することによって、多少見づらくなるが、平面構成としての変化に富んだ効果が得られる。