印刷インク

印刷はインクによる発色を利用している。このインクは透明感があり、基底材の色に影響される。一般的に、白い紙の上に印刷するが、その白さがあって初めてそれぞれの色が見えてくる。普通の印刷インクで黒い紙の上に印刷すれば、ほとんど発色しないので、色は見えない。印刷インクは、染料が使用されている関係で、発色は非常に良く、かなり鮮やかな色の再現ができるようになっている。しかし、染料であるために光に弱く、極色性(色が禄せてしまう現象)が高い。これは、印刷物が装飾性があまりないということを意昧している。装飾性を持たせる時は耐光性の強い顔料系のインクを用いて印刷する。普通印刷インクは、4色のかけ合わせで色を発色させている。C(シアン=青)M(マゼンタ=赤)Y(イエロー=黄)K(ブラック=黒)この4色のそれぞれのパーセントによって出てくる色が違ったものになる。指定の時は、CMYKの順にパーセントの数字を付ける。また、コンビュータで作業する時も、CMYKの値を指定しながら色を決めていく。